LTIテスト全般について

Q : なぜACTFLテストを採用するべきなのですか?

A : ACTFL/LTIはマーケットに、一番幅広く認知され、信頼できるテストを提供しております。このテストは、通常の言語の能力のパフォーマンス・テストと異なり、言語運用能力を測るためのテストです。語彙力や文法をたくさん知っていても、現実には、コミュニケーションできないケースがあります。このACTFL/LTI のテストでは、本当のコミュニケーション能力を測定するためのテストとなります。テスト結果の信頼を示す指標としては、ACTFL/LTIからの評価をしか受け入れないという組織が多数あります。ACTFLは何十年間にもわたり、テスティング方法の開発を行い、学術機関、企業及び政府にも言語運用能力評価の提供をし続けています。第三者機関(ACTFL)により、テスティングは正確的で信頼的できるものであると評価されています。

Q : ACTFLとLTIとはどのような関係ですか?

A : ACTFL(本部ワシントン)は各国言語の教育と学習に関する研究を目的として、語学教育の専門家 125,000人以上の会員を擁する協会(全米外国語教育協会)です。ACTFLの語学能力判定基準は、アメリカの州政府が人事目的で開発し、使用してきたILR(Interagency Language Roundtable)をもとに、より学問的で中立的な評価基準を作る目的でアメリカ政府と共同で 20年以上の歳月をかけて開発されたものです。LTIは世界最大の外国語教育協会ACTFL (American Council on the Teaching of Foreign Language)の、 語学能力判定ガイドラインに沿った語学テスト機関として1992年から運営しています。

Q : ACTFLの評価とCEFRの評価の違いについて教えてください。

Q : ACTFLの評価とTOEICやTOEFLの評価の違いについて教えてください。

Q : ACTFLの日本語テストとJLPT日本語能力テストのスコア比較

試験について:

Q : LTIテストにはどんな言語が取り扱われていますか?

A : 日本では下記の種類の豊富な言語をテストに取り扱っております。

OPIc 会話 WPT ライティング RPT リーディング LPT リスニング L&R CAT AAPPL 12歳以下対象総合テスト
アラブ語
中国語(広東)
中国語(マンダリン)
英語
フランス語
ドイツ語
ギリシア語(現代)
ヒンディー語
イタリア語
インドネシア語
日本語
韓国語
パシュトー語
ペルシャ語
ポーランド語
ヨーロッパポルトガル語
ブラジルポルトガル語
ロシア語
スペイン語
タイ語
トルコ語
ベトナム語

Q : 会話のテストを提供していますか?

A : はい、提供しております。
https://www.languagetesting.com/oral-proficiency-interview-by-computer-opic
に詳しい情報が記載されています。
現状、OPIcとOPIがありますが、時差関係の為、弊社での扱いはOPIcのみとなっております。

Q : 聴解のテストを提供していますか?

A : はい、提供しております。
https://www.languagetesting.com/listening-proficiency-test
に詳しい情報が記載されています。

Q : 読解のテストを提供していますか?

A : はい、提供しております。
https://www.languagetesting.com/reading-proficiency-test
に詳しい情報が記載されています。

Q : ライティングのテストを提供していますか?

A : はい、提供しております。
https://www.languagetesting.com/writing-proficiency-test
に詳しい情報が記載されています。

Q : 受験料はいくらですか?

A : 受験料に関しては、弊社へお問い合わせください。info@igroupjapan.com

Q : どのくらい経った後、再受験することがオススメですか?

A : 受験間隔は90日程度空けることを推奨しております。しっかり勉強し、語学力を高め、スキルを上げてから受験するほうが効果的です。言語運用能力であることから、短い間隔で同じようなテストを受けても、テスト結果はあまり変わリません。

Q : 個人でテストを受けたいですが、どうすれば参加できますか?

A : 個人の方がACTFL/LTIテストを受けるには、こちらへお問い合わせください。
https://www.igroupjapan.com/language/lti-test/

Q : ログインI Dやパスワードを忘れたのですが、どうすればいいですか?

A : こちらへご連絡ください。info@igroupjapan.com

Q : どうすればアカウントを作成できますか?

A : 無料で短時間にアカウントが簡単で作成できます。こちらにクリックして、アカウントを作成する用のリクエストフォームに記入してください。
https://www.igroupjapan.com/contact/

Q : LTIテストはいつどこで受けられますか?

A : オンライン試験の為、いつでもどこでも受けられます。(24時間対応できます)

Q : どのような特別な受験環境の必要がありますか?

A : 受験環境に関して、下記の詳細をご参照ください。
https://www.languagetesting.com/test-delivery-logistics

Q : 試験が始まったら、一旦中止できますか?

A : はい、できます。中止する際は一回ログアウトしてください。

Q : 試験中、注意事項を教えてください。

A : 一旦ログインして、2時間以上試験を離れるとアカウントが失効になりますので、ご注意ください。もし、どうしても試験から離れないといけない場合は必ず一旦ログアウトしてください。

Q : テストの内容に関して教えてください。

A : テストの題材は現実の世界に関わるものを反映し、普段の生活での論題を幅広くカバーしております。
テストの詳細
https://www.languagetesting.com/lti-information/general-test-descriptions
をご確認頂き、それぞれのテストについてのFAQをご覧ください。

試験結果について:

Q : テスト結果の評価方法はどのようになっていますでしょうか?

A : ACTFLガイドラインの簡単な説明

Q : テスト結果の評価の目安はどのようになっていますでしょうか?

Q : 実際のテスト結果を確認させていただけないでしょうか?

A : OPIcテスト結果で送付されるACTFL Certificateと会話能力レベルに関する記述

Q : テスト結果はどの程度かかりますか?テストの結果の有効期間はどのくらいでしょうか?

A : テスト結果は、受験後、土日を除き、およそ3日〜5日後資格証書が発行され、弊社からメールでPDFを送付する形になります。ただ、特定のテスト及びお客様のニーズ次第で変わります。また、テストの結果の有効期限は2年です。

Q : 組織内のメンバーがネイティブでない方と交流する為には、どのレベルまで達成すべきと判定すればいいですか?

A : 一番簡単な方法はタスク分析を使うことです。
https://www.languagetesting.com/setting-a-passing-score
に詳しい情報が記載されています。

Q : もし試験結果に疑問があれば、どうすればいいですか?

A : もし試験結果に疑問があれば、診断フィードバックレポートをご希望頂くことができます。それは評価基準及びご自身のテストの結果を説明するものです。診断フィードバックレポートをご希望の方は下記にご連絡ください。弊社経由で受講されたテストに関しましては、代行してお問い合わせさせていただきます。(info@igroupjapan.com)

Q : 受験したが、資格証書が届かなかったり、紛失したりする場合は資格証書を取り替えられますか?

A : はい、オンラインの形で提供が可能です。下記へご連絡ください。弊社経由で受講されたテストに関しましては、代行してお問い合わせさせていただきます。(info@igroupjapan.com)

Q : そのテストは独立した外部の評価機関にて検証されたことがありますか?

A : はい、LTIテストは独立した研究者に研究されおり、検証されております。ACTFL/LTIテストの参考文献についてはこちらをご参考ください。
https://www.languagetesting.com/bibliography