LTIテスト全般について

Q : なぜACTFLテストを採用するべきなのですか?

A : アメリカ政府は当初、各省庁間での言語運用能力の統一基準となるILR(Interagency Language Roundtable)「米国連邦政府言語能力基準」を制定しました。
ACTFL (全米外国語教育協会)はその流れを引き継いで、当時の大統領諮問機関より要請を受けてILR基準に基づいた利用者が納得できる新しい言語運用能力基準を作成しました。
その基準に基づく試験がACTFLの提供する言語試験となります。

・ACTFLでは明確な基準やガイドラインの作成とインタビューワーやレーター(評価者)の教育を含む、運用面の仕組みを構築しております。
・ACTFLは何十年間にもわたり、テスティング方法の開発を行い、学術機関、企業及び政府にも言語運用能力評価の提供をし続けています。
・ACTFLやヨーロッパの言語系組織等との提携により、ACTFL及びILRの基準の他、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)との連携を行い、テスティング及びレーティングは正確的で信頼的できるものであると評価されています。
・ACTFLのテストは、LTI社が専属的に請け負っており、言語及び言語運用能力判定テストとして利用されております。

特に、ACTFLのOPI及びOPIcといったテストは、通常の言語の能力のパフォーマンス・テストと異なり、言語運用能力を測るためのテストです。
語彙力や文法をたくさん知っていても、現実には、コミュニケーションできないケースがありますが、このACTFL/LTIのテストは、本当のコミュニケーション能力を測定するためのテストとなります。

Q : ACTFLとLTIとはどのような関係ですか?

A : ACTFL(本部ワシントン)は各国言語の教育と学習に関する研究を目的として、語学教育の専門家 12,500人以上の会員を擁する協会(全米外国語教育協会)です。ACTFLの語学能力判定基準は、アメリカの州政府が人事目的で開発し、使用してきたILR(Interagency Language Roundtable)をもとに、より学問的で中立的な評価基準を作る目的でアメリカ政府と共同で 20年以上の歳月をかけて開発されたものです。LTIは世界最大の外国語教育協会ACTFL (American Council on the Teaching of Foreign Language)の、 語学能力判定ガイドラインに沿った語学テスト機関として1992年から運営しています。

Q : ACTFLの評価とCEFRの評価の違いについて教えてください。

Q : ACTFLの評価とTOEICやTOEFLの評価の違いについて教えてください。

Q : ACTFLの日本語テストとJLPT日本語能力テストのスコア比較

Q : ACTFL習熟度ガイドラインについて

A : 下記のサイト及びガイドラインをご参照ください。
サイト:https://www.languagetesting.com/lti-information/understanding-proficiency
ガイドライン:https://www.actfl.org/resources/actfl-proficiency-guidelines-2012

Q : 受験時に必要なWeb環境要件について

A : 下記のサイトをご参照ください。
サイト:https://www.languagetesting.com/test-delivery-logistics

Q : OPIテスターについて

A : ACTFL認定テスターは、一流大学や政府の語学プログラムに所属する、高度に専門的な知識を有する言語のプロフェッショナルです。彼らは最低でも修士、多くは博士号を取得しています。また、4日間の厳しい対面トレーニングを修了しており、トレーニングの最後には、評価できる音声サンプルを一貫して選び抜き、サンプルを高い確実性でもって評価する能力を証明します。すべてのテスターは年に一度のテスターミーティングと再訓練ワークショップに参加し、4年ごとに再認定を受けることが義務付けられています。

Q : 今はINTERMEDIATEレベルですが、ADVANCEDレベルになるにはどうしたらいいですか?

Q : 今はINTERMEDIATEレベルですが、どのような職業が向いていますか?

試験について:

Q : LTIテストにはどんな言語が取り扱われていますか?

A : 日本では下記の種類の豊富な言語をテストに取り扱っております。

OPIc 会話 WPT ライティング RPT リーディング LPT リスニング L&R CAT AAPPL 12歳以下対象総合テスト
アラビア語
中国語(広東)
中国語(マンダリン)
英語
フランス語
ドイツ語
ギリシア語(現代)
ヒンディー語
イタリア語
インドネシア語
日本語
韓国語
パシュトー語
ペルシャ語
ポーランド語
ヨーロッパポルトガル語
ブラジルポルトガル語
ロシア語
スペイン語
タイ語
トルコ語
ベトナム語

Q : 会話(OPIc)のテストを提供していますか?

A : はい、提供しております。
https://www.languagetesting.com/oral-proficiency-interview-by-computer-opic
に詳しい情報が記載されています。
現状、OPIcとOPIがありますが、時差関係の為、弊社での扱いはOPIcのみとなっております。

Q : 会話(OPIc)テストを体験することは可能ですか?

A:はい、下記のデモテストから、最初の「背景調査」及び「自己評価」から「テスト開始」までの流れをご体験いただくことが可能です。
https://opicdemo.actfltesting.org/

Q : 聴解(LPT)のテストを提供していますか?

A : はい、提供しております。
https://www.languagetesting.com/listening-proficiency-test
に詳しい情報が記載されています。

Q : 聴解(LPT)のテストを体験することは可能ですか?

A :はい、下記のデモテストからご体験いただくことが可能です。
https://actfllrhtmldemo.actfltesting.org/

Q : 読解(RPT)のテストを提供していますか?

A : はい、提供しております。
https://www.languagetesting.com/reading-proficiency-test
に詳しい情報が記載されています。

Q : 読解(RPT)のテストを体験することが可能ですか?

A :はい、下記のデモテストからご体験いただくことが可能です。
https://actfllrhtmldemo.actfltesting.org/

Q : ライティング(WPT)のテストを提供していますか?

A : はい、提供しております。
https://www.languagetesting.com/writing-proficiency-test
に詳しい情報が記載されています。

Q : ライティング(WPT)のテストを体験することが可能ですか?

A :はい、下記のデモテストからご体験いただくことが可能です。
https://wptdemo.actfltesting.org/

Q : 受験料はいくらですか?

A : 受験料に関しては、弊社へお問い合わせください。info@igroupjapan.com

Q : どのくらい経った後、再受験することがオススメですか?

A : 受験間隔は90日程度空けることを推奨しております。しっかり勉強し、語学力を高め、スキルを上げてから受験するほうが効果的です。言語運用能力であることから、短い間隔で同じようなテストを受けても、テスト結果はあまり変わリません。

Q : 個人でテストを受けたいですが、どうすれば参加できますか?

A : 個人の方がACTFL/LTIテストを受けるには、下記の申込表からお申し込みください。
https://www.igroupjapan.com/language/lti-test/

Q : ログインIDやパスワードを忘れたのですが、どうすればいいですか?

A : こちらへご連絡ください。info@igroupjapan.com

Q : どうすればアカウントを作成できますか?

A : 無料で短時間にアカウントが簡単で作成できます。こちらにクリックして、アカウントを作成する用のリクエストフォームに記入してください。
https://www.igroupjapan.com/contact/

Q : LTIテストはいつどこで受けられますか?

A : オンライン試験の為、いつでもどこでも受けられます。(24時間対応できます)

Q : どのような特別な受験環境の必要がありますか?

A : 受験環境に関して、下記の詳細をご参照ください。
https://www.languagetesting.com/test-delivery-logistics

Q : 試験が始まったら、一旦中止できますか?

A : テストは途中で一旦ログアウトしても、再びアクセスすることができます。
ただし、ログアウト後2時間でテストへのアクセスは終了となります。
余裕をもった再ログイン、テストの再開が必要となりますのでご注意ください。

Q : 試験中、注意事項を教えてください。

A : 一旦ログインして、2時間以上試験を離れるとアカウントが失効になりますので、ご注意ください。もし、どうしても試験から離れないといけない場合は必ず一旦ログアウトしてください。

Q : テストの内容に関して教えてください。

A : テストの題材は現実の世界に関わるものを反映し、普段の生活での論題を幅広くカバーしております。
テストの詳細
https://www.languagetesting.com/lti-information/general-test-descriptions
をご確認頂き、それぞれのテストについてのFAQをご覧ください。

Q : テスト形式に関して教えてください。

A : OPIテスト以外は、オンラインテストです。
OPIc、LPT、RPT、WPT及びL&Rcatはコンピュータベースのテスト(CBT)のため、いつでもどこでもネット環境があれば受験できます。
OPIテスト(電話)利用可能時間は、月曜から金曜の午前8時から午後10時まで(米国東部標準時)です。

試験結果について:

Q : テスト結果の評価方法はどのようになっていますでしょうか?

A : ACTFLガイドラインの簡単な説明

Q : テスト結果の評価の目安はどのようになっていますでしょうか?

Q : テスト結果のフォーマットを教えてください。

A : 三つの形式でテスト結果(英語版のみ)を発行できます。
ACTFLの評価

②ILR(Interagency Language Roundtable)の評価(サンプルを準備中)
LTI社のILR評価は、米国国防総省語学学校や国防情報局など、ILRに加盟している多くの連邦政府機関に権威あるテストとして認められています。LTI社のテストではILRのプロトコルに従い、ILRの基準に直接合わせた評価を行っています。
また、LTI社がILRに基づく得点等化を対応している情報をこちらからご参照ください。https://www.languagetesting.com/ilr-scale

また、ILR評価に関して、基本的にはILR 0-3、ILR 0-4+、いくつかの言語についてはILR 2+から4+までの評価を提供しております。
ILR 4+まで利用できるテストについては、テストインターフェイス全体がテスト言語で表示されます。

CEFR (Common European Framework of Reference)の評価
LTI社がCEFRに基づく得点等化を対応している情報をこちら(英語)からご参照ください。
https://www.languagetesting.com/cefr-scale

Q : テスト結果はどの程度かかりますか?テストの結果の有効期間はどのくらいでしょうか?

A : テスト結果は、受験後、土日を除き、およそ3日〜5日後資格証書が発行され、弊社からメールでPDFを送付する形になります。ただ、特定のテスト及びお客様のニーズ次第で変わります。また、テストの結果の有効期限は2年です。

Q : 組織内のメンバーがネイティブでない方と交流する為には、どのレベルまで達成すべきと判定すればいいですか?

A : 一番簡単な方法はタスク分析を使うことです。
https://www.languagetesting.com/setting-a-passing-score
に詳しい情報が記載されています。

Q : もし試験結果に疑問があれば、どうすればいいですか?

A : もし試験結果に疑問があれば、診断フィードバックレポートをご希望頂くことができます。それは評価基準及びご自身のテストの結果を説明するものです。診断フィードバックレポートをご希望の方は下記にご連絡ください。弊社経由で受講されたテストに関しましては、代行してお問い合わせさせていただきます。(info@igroupjapan.com)

Q : 受験したが、資格証書が届かなかったり、紛失したりする場合は資格証書を取り替えられますか?

A : はい、オンラインの形で提供が可能です。下記へご連絡ください。弊社経由で受講されたテストに関しましては、代行してお問い合わせさせていただきます。(info@igroupjapan.com)

Q : そのテストは独立した外部の評価機関にて検証されたことがありますか?

A : はい、LTIテストは独立した研究者に研究されおり、検証されております。ACTFL/LTIテストの参考文献についてはこちらをご参考ください。
https://www.languagetesting.com/bibliography

Q : 受験して資格証書が届かないケースがありますか?

A : はい、OPIcなど、声を録音して、Raterが測定する試験で、期間を空けずに2回受験して、明らかに回答の声が異なっており、試験結果が大幅に異なるケースなどでは、受験者本人と認定できないため、資格証書を提出できないケースがあります。

OPIcについて:

Q : OPIcテストの自己評価の重要性について教えてください。

A : OPIcハンドブックでは、受験者が自分の言語能力を最も正確に表す記述を選択する必要があることを強調しています。受験者が実際の能力よりも低いレベルを選択した場合、実際の能力を示すスコアを受け取ることができません。受験者には、自分の能力を最も正確に表しているレベルを選択することを強調することが重要です。もしレベルを間違えた場合は、採点不可となりますため、再受験の場合はもう一度支払っていただくことになりますので、予めご了承ください。

OPIc は、ビデオのアバターが質問をしますが、テストの難易度を上げたり下げたりするために応答を積極的に聞くことはないので、適応性はありません。
アバターは(自己評価を元に)一定のレベル範囲内で質問をします(例:中級上~上級中)。
質問の難易度は受験者にとって難しいまたは簡単な場合もありますが、重要なのは受験者が自分の能力を発揮して回答することです。
回答は記録され、OPIcのRaterの資格を有する評価者によって評価されます。
下記のように、自己評価では五つのフォームがあり、ご自身の言語能力を最も正確に表しているフォームをご選択ください。

英語版UI:

日本語版UI:

Q : OPIcでは、アバターからどのようなレベルで、どのような内容の質問がされるのでしょうか?

A : Self-AssessmentのSample QuestionはどのFormを選択しても、質問は全て同じ内容の質問がされる仕様となっております。選択したFormによってどの程度のレベルや量の質問がされるかは、下記ACTFLのレベル別質問例(英語と日本語)をご参照ください。

NOVICEレベル
英語: What things are outside your house? Trees, cars . . . name all the things you see outside your house.
日本語:あなたの家の外には何かがありますか?木や車など、家の外にあって見えるものを言ってください。

INTRMIDIATEレベル(例1)
英語: Tell me about the different rooms in your home. Do you have a favorite room? What does it look like?
日本語:今住んでいる家の様々な部屋について教えてください。お気に入りの部屋はありますか?それはどのような部屋ですか?

INTRMIDIATEレベル(例2)
英語: What is your normal routine at home? What kinds of things do you do at home during the week and on the weekends?
日本語:ふだん、家ではどんな風に過ごしますか? 週末や平日、家では何をしますか?

ADVANCEDレベル
英語: I’d like you to tell me your favorite memory about a good friend. It can be a story that involves you and your friend together, or a story that you know about your friend. Talk about this memory in as much detail as you can.
日本語:あなたの良き友人について知っていることで気に入っていることを教えてください。あなたがその友人と一緒にいた時のストーリーでも、その友人について知っているエピソードでも構いません。そのことについてできるだけ詳しくお話しください。

SUPERIORレベル
英語:Nowadays, communication through digital resources is increasingly maintained among young people through social media, texting, instant messaging, etc. In your opinion, what are the advantages and disadvantages of relying solely on digital resources for interpersonal communication? How do these changes in communication affect contemporary society?
日本語:デジタル・コミュニケーションは、SNS、テキストメッセージ、インスタント・メッセージングなどを介して、近頃若者の間でますます支持されています。対人コミュニケーションをデジタル・リソースのみに依存することの長所と短所は何だと思いますか?またこのようなコミュニケーションの変化は現代社会にどのような影響を及ぼすと思いますか?

Q : OPIcにはロールプレイの設問があると聞いたのですが、詳しく教えてください。

A : OPIcには、設定された状況での会話を行う設問が必ず、1つ設定されます。
英語での質問の例は、こちらのサイトをご参照ください。
その他の注意事項としては、日本語、ポルトガル語、ブラジルポルトガル語とイタリア語は、試験言語でのロールプレイの説明になりますが、その他の外国語を受験する場合は、ロールプレイの言語は、英語になりますので、予めご了承ください。

Q : Background Surveyの質問が一つとなるケースがあると聞いたのですが、詳しく教えてください。

A : Background Surveyの質問が1つのものは、 イタリア語、ポルトガル語、ブラジルポルトガル語の3つが対象となります。
選択画面が下記のようになっております。もしよろしければ、ご参照ください。

Q : OPIcのセキュリティ機能について

A : OPIcでは、試験中、受験の画面を離れた場合、自動的にログオフされます。他のプラウザやタブ等を開いたり、メールなどの通知サービスを開いた場合には、自動的にログオフされます。
また、Google MeetやTeamsやZoomなどの受験者の監視のためのテレビ会議については、バックエンドで動作させているものについては、試験の画面を離れない限りログオフさせられることはありません。

Q : OPIcの同意書について

A : 発行されたアカウントでOPIcテストにログインした後、オンラインで同意書が表示されます。ご希望の調査及び自己評価画面の言語により、同意書が英語あるいは日本語になります。
本資料は参考資料として提示しておりますが、LTI社のポリシーの変更により、内容が変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。
英語版同意書:https://www.igroupjapan.com/wp-content/uploads/2022/04/Integrity-Policy-_-OPIc_EN-1.pdf
日本語版同意書:https://www.igroupjapan.com/wp-content/uploads/2022/04/Integrity-Policy-_-OPIc_JP.pdf

Q : 語学の教員ですが、学生のACTFL-LTIの試験を監督したい場合はどうしたら良いでしょうか?

A : OPIcテストモニタリングをしたい場合は、WEB会議システム(Teams / Zoom / Google meetなど)を活用して、試験監督を行うことが可能です。
手順書に関して、こちらからご確認ください。

Q : OPIcテストを第三者のProctorに行ってもらえますか?

A : 可能です。
LTI社から、リモートプロクターサービスを提供しております。第三者のProctorが厳正にテストモニタリングを行います。
下記二つの形式があります。ご希望の場合は、こちらからお申し込み下さい。
①Remote Proctor(人間試験官)
このオプションでは、試験官と受験者がチャットボックスで連絡を取り合いながら、試験セッションの様子を録画・監視します。

②Auto Remote Proctor(AI試験官)
人工知能(AI)ソフトウェアを使って、試験中の行動を記録・監視するオプションです。

RPTについて:

Q : RPTトライアルテストの受験は可能でしょうか?

A : 団体受験でのみ対応し、ケースバイケースでの対応となります。ご相談ください。もし今後のテストの需要が見込まれ、継続的にテストを受講いただくケースでは、1団体につき、一回分の特定言語についての無料テストを提供可能です。
このトライアルテストの目的は、RPTテストがオンラインテストであるため、社内環境等からの確認を行うためのものです。企業のセキュリティ関係でテストサイトにアクセスできるかどうかも含めて、テストをしていただければと思います。
トライアルテストをご希望の場合は「受験希望言語、お名前、メールアドレス及び受験日」をご連絡ください。

Q : RPTの対応可能言語を教えてください。

A : RPTの対応言語は下記の通りとなります。

Q : 試験の所要時間が言語ごとにかなり違うようですが、どの言語がどのぐらいの所要時間になりますでしょうか?

A : 言語ではなく、受験者のレベル(A〜H)により、テスト時間が異なってきます。
下記のように、Adminがアカウントを設定する際、受験希望レベルを承った上で、設定を行います。
【”50 minutes for a two-level test (A, B, C & D); 75 minutes for a three-level test (E, F & G*); 125 minutes for a four-level test (H**). ” 】
*もし、受験者の言語レベルの判断に迷いがございましたら、Generalでの受験を推奨しております。
【G】 Novice to Superior adaptive

また、参考として、LTIの公式サイト情報を共有いたします。

Q : オンラインからサンプル問題が閲覧可能、とのことですが、どこから確認できますでしょうか?

A : 下記URLより、緑色のマニュアルをクリックしていただき、10ページ目の「WHAT DOES THE ACTFL RPT LOOK LIKE?」からご確認いただけます。
あるいは、こちらのハンドブックからもご確認することができます。(7ページ目)

Q : 受験者が自身でレベルを決めてどのテストを受けるかを選ぶ際、RPTもOPIcと同じようにbackground survey を記入する必要がありますでしょうか?また、その結果で出題問題が決まるのでしょうか?

A : いいえ、RPTではbackground surveyがなく、ID/PWでログインしてそのままテストに入ります。

Q : 最初の1問目、2問目の受験者の解答により自動的に受験者のレベルを判断して、A~Hのどれか一つを自動的に選択して問題が提示されるということになりますでしょうか?

A : いえ、選択した試験により異なります。G(半適応形)とH(適応型)については、上記のような形で問題が提示されますが、他のテストは受験者自体がレベルを選択することで、そのレベルに応じた出題がなされます。

Q : RPTでは、どのようなトピックが出題されるのでしょうか?

A : 一般的な話題、社会的な話題、学術的な話題、専門的な話題など、さまざまな種類のインフォーマルな内容やフォーマルな内容(通信文、レポート、ニュース記事など)があります。もしよろしければ、こちらのサイトをご参照ください。

Q : テスト結果の算出:5分間のタイムリミットに対し、回答速度と正答率で、出題数や内容に変更があるのでしょうか?

A : 通常のAからFまでのテストでは、回答速度はテストの難易度に影響はありませんが、テストの受験時間に関係してきます。
G及びHのテストについては受験者の回答内容(正答率)により、難易度が変わってきます。
これは、semi-adaptive(半適応型)及びadaptive(適応型)のテスト(GとH)にのみ適用されます。

Q : RPT証明書はいつ頃発行されるでしょうか?

A : RPTは機械での採点となるため、2営業日にて提供可能です。

Q : RPTの証明書の有効期限はどの位になりますでしょうか?

A : RPTの証明書の有効期限は2年間となります。

Q : LTI RPT対象外言語が受験&カスタマイズ可能でしょうか?

A : お客様のご要望の言語でのテストのカスタマイズと開発のお見積もりを提供することができます。
まずはいくつか確認させていただきます。
⑴ 必要な評価の範囲は何ですか? Novice LowからSuperiorまでのフルスケール、あるいはもっと略した範囲ですか。
⑵ いつ頃受験を想定されていますか。

Q : 希望言語がコンピュータベースの試験で提供されていない場合、ペーパーテスト等の準備はないでしょうか?

A : 希望言語がコンピュータベースの試験で提供されていない場合、ペーパーテスト等の準備はないでしょうか?