ACTFLについて

ACTFLは、The American Council on the Teaching of Foreign Languages(全米外国語教育協会)の略で、1952年にModern Language Association(全米現代言語学会)の1つの部門として誕生し、外国語教育プログラムを作成し、出版、研究活動行っておりました。1967年にACTFLはMLAから独立し、アメリカの外国語教育専門の学会として誕生しました。ACTFLは小学校から企業までの全ての外国語教育を考え、その改良や普及を目的とする組織として活動してきました。
ACTFLは言語毎に評価が異なる能力基準について、ACTFL言語運用能力ガイドラインとして、外国語の「話す」「書く」「聞く」「読む」の各4技能について、修正を繰り返しながら、基準を策定し、評価者である、Raterの育成や受験者の能力を引き出するためのインタビュアーの育成などに尽力し、言語能力の公平かつ中立な評価を提供する機関として、LTIを介してACTFLの様々な外国語試験を提供しています。

LTIについて

LTI(Language Testing International)は1992年設立され、世界最大の外国語教育に関する学会ACTFL(全米外国語教育協会)の独占的語学テスト実施機関として、40か国以上で100か国語以上の語学テストを提供し、世界の語学教育に貢献してきました。
年々高まる正確、公正でスピーディーな語学テストの重要性をアピールし続けてきたLTIは、学会、官公庁、一般法人などの顧客層から根強い支持を集めており、2017年には1日あたりの受験者数が6,000人を超える実績を記録しました。

LTI本部

445 Hamilton Avenue, White Plains, NY10601

日本におけるLTIのパートナー:iJapan株式会社

東京都千代田区内神田1-5-16 アルテ大手町9F