世界中あらゆる情報がインターネットから簡単に入手できるようになり、

 

論文の剽窃・盗用という行為が、個人のみならず、機関の信用性を失う危険性のある

 

グローバル問題となっています。

 

iThenticate (アイセンティケート)は公正な研究成果を守るために、

 

執筆された論文がオリジナルであることを保証し、

 

研究成果を公開する前の厳密なチェックが簡単に行えます。

簡単な操作だから安心
素早くチェック・見やすい結果

  • 研究者・学術機関・出版社が執筆した論文、出版物等を公開する前に、既存のデータベース(論文・出版物・データベース)と照合し、剽窃と疑われる箇所を探知するためのツールです。
  • クラウドサービスなので、論文をアップロードするだけで、数分以内に既存の文献との照合結果がパーセンテージで表示されます。
  • 簡単に確認できるため、手作業で調べる手間と時間を短縮できます。

世界最大の総合的な照合データベース

Webサイト

670億件以上

学術論文

6600万件以上

学術出版物

1億1200万件以上

iThenticateはこのような
用途で活用されています

  • 出版社や学会へ投稿する研究論文のチェック
  • 博士学位論文の発表・公表前の論文剽窃チェック
  • 盗用・剽窃防止に対する意識向上、不正の抑止
  • 参考文献や引用忘れの確認
  • 自己剽窃の確認 (自分の過去の論⽂との⽐較)
  • 論⽂の作成指導

iThenticateのよくある質問

日本語で書かれた文章にも対応しています。
日本語を含めた11カ国の言語がiThenticate上で使用可能となっています。

いいえ、アップロードしたレポートがデータベースに保存されることはありません。

以下のファイルでのアップロードが可能です。

Text (.txt)

Microsoft Word (.doc/.docx)

Microsoft PowerPoint (.ppt/.pptx)

Portable Document Format (.pdf)

Postcript(.ps)、Rich Text Format (.rtf)、HyperTextMarkup Language (.html)

WordPerfect (.wp)、Hangul (.hwp)、Open Office (.odt/.ods/.odp)

通常PDFでアップロードしていただくと照合処理がスムースです。

基本的にテキストのみを対象としているため、画像のチェックはできません。

  • 100MB以下のファイル
  • 最大で 400 ページまで可能
  • Zip ファイルでアップロードする場合は、最大200MB、1000ファイルまで同時にアップロードが可能

iThenticate(アイセンティケート) に対するお問い合わせ先