ZWRpdG9yaWFsL2ltYWdlcy9pdGhlbnRpY2F0ZS1vcmlnaW5hbGl0eS1pbWFjLXdpdGgtc2NyZWVuc2hvdC5wbmc=

世界中の研究機関で利用されている

「剽窃チェックツール」

 

iThenticateは

学術雑誌、学術出版社の出版物、インターネットWebページから

なる膨大なデータベースと照合し、

剽窃と疑われる箇所を探知するためのツールです。

クラウドサービスなので、論文をアップロードするだけで、

数分以内に既存の文献との比較結果がパーセンテージで表示されます。

公正な研究成果を守るために、

執筆された論文がオリジナルであることを保証し、

研究成果を公開する前の厳密なチェックが簡単に行えます。

 

簡単な操作だから安心
素早くチェック・見やすい結果

  • 研究者・学術機関・出版社が執筆した論文、出版物等を公開する前に、既存のデータベース(論文・出版物・データベース)と照合し、剽窃と疑われる箇所を探知するためのツールです。
  • クラウドサービスなので、論文をアップロードするだけで、数分以内に既存の文献との照合結果がパーセンテージで表示されます。
  • 簡単に確認できるため、手作業で調べる手間と時間を短縮できます。

世界最大の総合的な照合データベース

Webサイト

700億件以上

学術論文

6900万件以上

学術出版物

1億1200万件以上

世界最大のデータベースによって

信頼性の高い比較が可能

Turnitin社のコンテンツデータベースは

あらゆる主要分野で数十カ国の言語に対応している世界最大のリポジトリを保有しています。

データベースの数は常に毎日増え続けており、

学生、研究者、出版社の類似性のチェックや剽窃の防止に役立つ、

最も包括的なコンテンツデータベースです。

iThenticateはこのような
用途で活用されています

  • 出版社や学会へ投稿する研究論文のチェック
  • 博士学位論文の発表・公表前の論文剽窃チェック
  • 盗用・剽窃防止に対する意識向上、不正の抑止
  • 参考文献や引用忘れの確認
  • 自己剽窃の確認 (自分の過去の論⽂との⽐較)
  • 論⽂の作成指導

Crossrefを含む世界の著名な出版社も

iThenticate を利用しています

 

世界で活動する学術出版の非営利団体CrossrefはTurnitin社と信頼関係を保ちながら、加入している出版社1300社が原稿の審査と査読プロセスの基準として iThenticateを使用しています。各出版社はTurnitinの膨大なコンテンツを活用して、出版前の査読チェックで剽窃の有無を明らかにし、ジャーナルと研究者の評価を守ることに役立てています。

iThenticateのよくある質問

日本語で書かれた文章にも対応しています。
日本語を含めた11カ国の言語がiThenticate上で使用可能となっています。

いいえ、アップロードしたレポートがデータベースに保存されることはありません。

以下のファイルでのアップロードが可能です。

Text (.txt)

Microsoft Word (.doc/.docx)

Microsoft PowerPoint (.ppt/.pptx)

Portable Document Format (.pdf)

Postcript(.ps)、Rich Text Format (.rtf)、HyperTextMarkup Language (.html)

WordPerfect (.wp)、Hangul (.hwp)、Open Office (.odt/.ods/.odp)

通常PDFでアップロードしていただくと照合処理がスムースです。

基本的にテキストのみを対象としているため、画像のチェックはできません。

  • 100MB以下のファイル
  • 最大で 400 ページまで可能
  • Zip ファイルでアップロードする場合は、最大200MB、1000ファイルまで同時にアップロードが可能

iThenticate(アイセンティケート) に対するお問い合わせ先