RemoteXs

remotex logo

 

RemoteXsは、インドの会社が作成した、学生、研究者、科学者のため、いつでもどこでも学(社)内の情報資源を有効に利用できるようするための電子コンテンツのための向けリモート・アクセス・ソリューションです。図書館購読資源やLMS、学内(社内)認証(LDAP等)を含めた、施設向けのリモートアクセスソリューションです。 認証には、それぞれの認証方式に、メリット・デメリットが存在し、単一の方式では、メリットを生かすことができません。 RemoteXsはクラウドでポータルサイトとともに提供することで、各リモートアクセスのポータルサイトへのセッションやポータルサイトから各リソースを監視し、従来のEZ ProxyやVPNさらに、統合認証で提供できなかった利用統計の情報を管理者に提供します。さらにこれらの利用情報を踏まえ、今後のシステム増強及びコンテンツ増強を考慮することができます。 今後、スマホからのアクセス、タブレットからのアクセス等、学(社)内認証、出版社の認証、施設で契約しているクラウドサービス、さらに、社内のLDAP等と連携することで、より容易にリモートユーザへ安全かつ追跡可能なソリューションを提供させていただきます。
リモートアクセスが重要な理由:
1.国策としてのテレワークの推進
2.クラウドサービスの増加
3.電子ジャーナルへの移行と学術誌を含む電子ジャーナル等の高騰
4.経済産業省のCyber Physical Systemの推進
5.情報漏洩のコスト増大
提供可能なログ情報
-IPログ
-ユーザログ(情報源および日時およびダウンロード数と量)
-カテゴリーログ(ユーザの所属情報のログ、情報源、日時、ダウンロード数と量)
-情報源のログ(全ユーザがどのコンテンツにどれだけアクセスしたかの統計情報)
-全体のログ(各日および時間毎のアクセス状況)
RemoteXsの利点
-ログ収集(利用に基づいた請求書を提供可能)
-既存の認証システム等との統合
-ポータルサイトを外部にだすことで、外部の端末(スマホ、モバイル含む)、外部のポータルサイト、外部の契約コンテンツという外部だけのネットワークでリモートアクセスを実現できる(セキュリティ的に安全)
-クラウドサービス(自動バックアップ、サーバ不要)
-アクセスとコンテンツのログを収集することでサービスの拡充を容易に測ることができる。
組織内で、Single Sign Onや、LDAP, Active directory等をご利用のお客様は、SAMLサーバ(Security Assertion Markup Languageサーバ)等を利用して、統合することができます。
RemoteXsカタログ
RemoteXsプレゼンテーション資料
-開発元サイト