CINDAS LLC Database UPDATEのお知らせ

CINDAS LLC Databaが、以下の通りUPDATEされました。
CINDASについてはこちら:http://www.igroupjapan.com/database/cindas/
What’s New in the ASMD?
Al 2099 is a 3rd generation aluminum-lithium alloy developed by Alcoa for aerospace applications. It offers the desirable combination of low density, high strength, high modulus, moderate fracture toughness, excellent corrosion resistance and improved end-user fabrication.  This heat treatable wrought aluminum alloy’s foremost benefit is its lower density, increased modulus with improved mechanical properties compared to currently used alloys.
AI2099が、第三世代アルミニウムーリチウム合金として、航空応用物として、Alcoa社により開発されました。低密度で、高張力、高弾性、 手軽な割れに対するタフさ、卓越した耐腐食性、改良されたエンドユーザの加工など理想的なコンビネーションが提供されております。この熱処理可能な鍛錬アルミニウム合金一番の利点は、その低密度さであり、モジュールは、現在の利用されている合金と比べて、機械的な物性が改良されております。
What’s New in the HPAD?
Duplex Stainless Steels 2507 and Zeron 100 possess a two-phase microstructure of austenite and ferrite which combines the beneficial properties of ferritic and austenitic stainless steels. Both are considered superduplex stainless steels with applications in off-shore oil platforms. Zeron 100’s main application is for pumps and piping, particularly in sour wells.  Superduplex 2507 is used for seawater handling and deep sea umbilicals because of its high resistance to pitting, crevice and stress crack corrosion.  The very high mechanical strength of the alloys provides the opportunity for weight reduction over austenitic stainless steels and nickel base alloys.
Custom 465 is a precipitation hardening stainless steel—iron-nickel-chromium alloy containing titanium, and molybdenum. It has both high strength and high corrosion resistance. Typical applications of this alloy in the oil and gas industries include housings, mud motors, and directional drilling tools where the high strength and corrosion resistance in the uncoated condition are key advantages.
AL 29-4C is a ferritic stainless steel which provides localized corrosion resistance in condenser tubing used in seawater cooled power steam condensers. The corrosion resistance of this iron-base alloy is derived from the use of 29%
chromium and 4% molybdenum as principle alloying elements.  It is a prime replacement for copper containing alloys where pitting is a major concern as well as for titanium which is more expensive with limited availability.
HPADの新規変更点とは?
二相ステンレス鋼2507およびZeron 100は、フェライト系ステンレス鋼とオーステナイト系ステンレス鋼の有益な特性を兼ね備えた、オーステナイトとフェライトの2相組織を有しています。どちらも、海上の沖合の石油プラットフォームでの用途で利用されるスーパー二重ステンレス鋼と考えられています。 Zeron 100の主な用途は、特に酸味の油田での、ポンプや配管のための利用です。 二相ステンレス鋼2507は、がピッチング、隙間と亀裂腐食に対する高い耐性があるため、海水処理や深海でのアンビリカル(umbilicals)に使用されます。合金の非常に高い機械的強度は、オーステナイト系ステンレス鋼およびニッケル基合金での構成により、軽量化を実現しております。
カスタム465は、沈殿析出硬化ステンレス鋼です。チタンやモリブデンを含む鉄 – ニッケル – クロム合金です。これは、高強度、高耐食性の両方の特性を有しており、石油・ガス産業におけるこの合金の典型的な用途は、コーティングされていない状態での高強度と耐食性が重要な利点であるハウジング、泥モータ、および傾斜掘削ツールなどが含まれています。
AL 29-4Cは、フェライト系ステンレス鋼としえt、局所的な耐食性があり、主に、海水冷却電力蒸気コンデンサーの中の、海水中で使用されるコンデンサ管に利用されます。この鉄基合金の耐食性は、原理合金元素として29%のクロムと4%のモリブデンの使用に由来します。これは、高価で限られた利用をしているチタンとどうように、ピッチングが主要な問題である銅を含む合金として、主要な代替品です。
What’s New in the AHAD?
Al 2099 is a 3rd generation aluminum-lithium alloy developed by Alcoa for aerospace applications. It offers the desirable combination of low density, high strength, high modulus, moderate fracture toughness, excellent corrosion resistance and improved end-user fabrication.  This heat treatable wrought aluminum alloy’s foremost benefit is its lower density, increased modulus with improved mechanical properties compared to currently used alloys.
Duplex Stainless Steels 2507 and Zeron 100 possess a two-phase microstructure of austenite and ferrite which combines the beneficial properties of ferritic and austenitic stainless steels. Both are considered superduplex stainless steels with applications in off-shore oil platforms. Zeron 100’s main application is for pumps and piping, particularly in sour wells.  Superduplex 2507 is used for seawater handling and deep sea umbilicals because of its high resistance to pitting, crevice and stress crack corrosion.  The very high mechanical strength of the alloys provides the opportunity for weight reduction over austenitic stainless steels and nickel base alloys.
Custom 465 is a precipitation hardening stainless steel—iron-nickel-chromium alloy containing titanium, and molybdenum. It has both high strength and high corrosion resistance. Typical applications of this alloy in the oil and gas industries include housings, mud motors, and directional drilling tools where the high strength and corrosion resistance in the uncoated condition are key advantages.
AL 29-4C is a ferritic stainless steel which provides localized corrosion resistance in condenser tubing used in seawater cooled power steam condensers. The corrosion resistance of this iron-base alloy is derived from the use of 29% chromium and 4% molybdenum as principle alloying elements.  It is a prime replacement for copper containing alloys where pitting is a major concern as well as for titanium which is more expensive with limited availability.
AHADの新規変更点とは?
AI2099が、第三世代アルミニウムーリチウム合金として、航空応用物として、Alcoa社により開発されました。低密度で、高張力、高弾性、 手軽な割れに対するタフさ、卓越した耐腐食性、改良されたエンドユーザの加工など理想的なコンビネーションが提供されております。この熱処理可能な鍛錬アルミニウム合金一番の利点は、その低密度さであり、モジュールは、現在の利用されている合金と比べて、機械的な物性が改良されております。
二相ステンレス鋼2507およびZeron 100は、フェライト系ステンレス鋼とオーステナイト系ステンレス鋼の有益な特性を兼ね備えた、オーステナイトとフェライトの2相組織を有しています。どちらも、海上の沖合の石油プラットフォームでの用途で利用されるスーパー二重ステンレス鋼と考えられています。 Zeron 100の主な用途は、特に酸味の油田での、ポンプや配管のための利用です。 二相ステンレス鋼2507は、がピッチング、隙間と亀裂腐食に対する高い耐性があるため、海水処理や深海でのアンビリカル(umbilicals)に使用されます。合金の非常に高い機械的強度は、オーステナイト系ステンレス鋼およびニッケル基合金での構成により、軽量化を実現しております。
カスタム465は、沈殿析出硬化ステンレス鋼です。チタンやモリブデンを含む鉄 – ニッケル – クロム合金です。これは、高強度、高耐食性の両方の特性を有しており、石油・ガス産業におけるこの合金の典型的な用途は、コーティングされていない状態での高強度と耐食性が重要な利点であるハウジング、泥モータ、および傾斜掘削ツールなどが含まれています。
AL 29-4Cは、フェライト系ステンレス鋼としえt、局所的な耐食性があり、主に、海水冷却電力蒸気コンデンサーの中の、海水中で使用されるコンデンサ管に利用されます。この鉄基合金の耐食性は、原理合金元素として29%のクロムと4%のモリブデンの使用に由来します。これは、高価で限られた利用をしているチタンとどうように、ピッチングが主要な問題である銅を含む合金として、主要な代替品です。