BrowZine

third iron logo

Browzine logo
Third Iron社が提供するBrowZine
Third Iron社は、前のProquest/CSAのMatt Dunie氏によって、2011年に設立された独立系の新しい会社です。
同社では、BrowZineという下記のサービスを提供しており、弊社で取り扱うことになりました。
図書館の購読電子ジャーナルについて、ユーザ毎の収集している電子ジャーナルを共通のプラットフォームで提供し、電子ジャーナルの目次サービスを提供します!
BrowZineは、ブラウザおよびAppsを利用した図書館の購読電子ジャーナルのモバイルソリューションです。BrowZineは、機関で購読されているジャーナルをユーザの書棚へ登録し、登録されたジャーナルの新しい論文や号の通知、論文の文献管理ソフトやSNS等での利用等を提供することで、論文を読んで他の人に伝えたり、あとで再利用できる形で、保存したりすることで、論文に関してのオンラインのワークフローを提供しています。
1.図書館の数あるサービスの中で、最も高価で、利用が多いサービスーオンライン・ジャーナル
2.ユーザは複数の学術雑誌の電子ジャーナルを読んでいる。
3.電子ジャーナルは、検索がメインのインターフェイス、ブザウズと検索を有効に利用することにより、新しい発見を提供する、目次速報サービスはアイディアを促進する上で重要なサービスの一つです。
従来のAtoZからブラウズする方法や、Journalのサイトから最新号をチェックする、RSS,Mailのアラートで情報を得る時代は、BrowZineの登場により、劇的に変わります。BrowZineこそ、図書館で購入されているオンラインジャーナルを有効活用するために最適化された製品です。
例えば、100名の研究者が自分の研究分野の学術ジャーナルを各人が平均10誌をチェックしていたとします。オンラインジャーナルの方は、Online firstでどんどん新しい論文が投稿され、オンライン購読者は見ることができます。不定期にアップする情報を100名研究者の方が見つけるための時間は膨大な時間です。BrowZineを利用することでこれらの最新論文を探しに行く時間は大幅に短縮されます。BrowZineは個人用の本棚と最新論文情報を提供し、同じフォーマットで論文を参照ができます。
BrowZine Catalogues(日本語)
BrowZine presentation(日本語+英語)